鎌 倉 明 月 窯

陶庫 北鎌倉のあじさい寺で有名な明月院から少し奥、静かな明月谷の谷戸にある工房です。
手作りにこだわり、本物の質感を求めて60年間窯の火を守っています。
陶芸教室も50年の歴史を誇ります。

京都陶芸界の重鎮 河村蜻山は、1938年京都を離れ、柳宗悦の旧居であり、バーナードリーチの窯跡でもある千葉県我孫子市天神山 三樹荘に深草窯を築いて移住します。戦後、1954年鎌倉に移住、1957年に現在の地に窯を築き、鎌倉明月窯と命名します。

  蜻山は、「陶芸」という言葉を最初に使った人物でもあります。 日本芸術院恩賜賞、勲四等旭日小綬章の栄誉もここ鎌倉で受けました。 蜻山没後、遺族により法人(株式会社 紋)として現在に至っています。

ギャラリー情報

鎌倉明月窯作品常設展示

ギャラリー イベントが終了しましたので、
常設展示となっております。

現在、季節の器を中心に明月窯作品を展示しています。
入り口に案内があるときは、ギャラリーを開けていますので、 お気軽にご覧ください。お買い得コーナーもあります。

北鎌倉の自然に囲まれた山あいの静かなギャラリーです。 野鳥の声に包まれて、ゆったりとお楽しみください。

お 知 ら せ

体験教室の予約について

ロクロ体験 一日陶芸教室のご利用を検討中の方へ

体験教室は、事前に予約が必要です。10名様以上の団体利用の場合、おおむね1ヶ月以上前、 10名様未満のグループの方は、1週間以上前、個人〜4名様の場合、2日以上前に予約をしてください。
既に予定が入っている場合は、日にちや時間帯の変更をお願いいたします。

定休日等、お休みになっている時でも予約が承れることがありますので、 お気軽にご相談ください。
スタート時間は、10:00〜14:00の間で設定できます。

夏休みの宿題に体験教室をご利用なさる方は、焼成までの期間がありますので、 事前にご相談ください。